FXのリスク

FXは、レバレッジという仕組みを活かして、手元の資金の何倍もの金額の外国のお金を売買することができます。ゆえに、少額の資金で大きな取引金額を動かすことが可能なので、無理をして大きなポジションを保有すれば、為替レートの小さな動きでも元本金額が大きく変動する恐れがあります。

急激な為替相場の変動で思わぬ損失を被る恐れもあることは事実です。しかしながら、リスクと上手に付き合えば他の金融商品よりも効率の良い資産運用が望めることも確かです。まずはFX取引におけるリスクを下記に記しましたので、起こりうるFXのリスクをきちんと把握した上で取引を始めましょう。

金利変動リスク

金利の高い通貨を買いポジションで保有しているときには、スワップポイ ントを毎日受取ることができますが、反対に金利の高い通貨を売りポジションで保有しているときは、毎日スワップポイントを支払うことになります。

信用リスク

FX会社は、自社の資本とは別に顧客から預かった資金を分別保管することが法律によって義務づけられているため、万一倒産などの事態が起こっても、顧客の資金は安全に守られます。しかしながら、ごく一部のFX会社では「信託保全完備」をうたっていながら、実際には信託保全されていなかったケースが過去にも生じています。FX会社を選ぶ際には使いやすさだけでなく高い信頼性のおける業者を選びましょう。

カントリーリスク

世界・各国の政治・経済・社会情勢の悪化などによって、急激な為替変動が生じたり、取引自体の実行ができなくなる可能性があります。