FX初心者くん > FX初心者入門 > 市場介入する時とは?

市場介入するときはどんなとき?

市場介入とは、外国為替市場において政府が市場の安定や政策目的で市場に介入し売買することをいいます。これら市場介入の目的は、行き過ぎた為替市場の緩和です。いわゆる為替介入と呼ばれています。為替介入は、財務大臣の権限において円相場の安定を実現するために実施されますが、実際の実務は財務省から委託を受けた日本銀行が実施しています。よって日銀は、財務大臣の代理人として、財務大臣の指示に基づいて為替介入の実務を遂行しています。

財務省が市場介入の判断を行う

外国為替市場では、中央銀行や財務省といった、国の金融機関が介入してくることもあります。日本において財務省の指示で日本銀行が行なう為替市場への介入のことを意味します。いわゆる“日銀介入”です。正式には外国為替平衡操作といいます。日銀が行う為替介入ですが、為替介入の意味は、たとえば、円高に傾いた時などに、円高を食い止めるために、円を売るという行為を行ない介入するということです。

日本において通常市場介入を行う際には、日銀による為替相場動向の分析が行われ、日銀から提供された情報に基づいて財務省が市場介入の判断を行います。日銀における為替担当では、為替ディーラー等の市場参加者や、情報提供サービス会社の情報なども利用することにより、為替相場動向を深く把握・分析しているそうです。為替相場が急激に変動する場合等には、日銀の為替担当は、為替相場変動の背景や、介入決定の判断に資するような最新のマーケット情報を財務省為市課に提供します。

そのような情報も考慮された後、財務大臣が介入の決断を下すと、財務省為市課から介入実行の具体的指示が伝えられ、介入が実施されます。この日銀による外国為替平衡操作は財務省のホームページで確認が出来ます。統計情報のページから外国為替平衡操作の実施状況でご覧いただけます。