FX初心者くん > FX初心者入門 > 取引所取引(くりっく365)とは?

取引所取引(くりっく365)とは?

FXサポート情報として『取引所取引(くりっく365)とは?』をテーマに案内します。

「取引所取引」とは、くりっく365取扱業社がFX取引の公設の取引所を通して投資家が取引をすることをいいます。メリットとしては、複数のくりっく365取り扱い業者が取引所に提示する売買価格のうち、顧客に最も有利なレートを取引所が合成してマーケットに提示しているので、安全で、透明性の高い取引ができることが挙げられます。

非取引所取引(店頭取引)のFX会社の場合ですと、レバレッジやスワップポイントにバラつきがありますし、スプレッドがかなり広いなど、業者によって差があります。悪質なFX会社が顧客に不利なレートで取引させるということが起きないのです。くりっく365取扱いFX会社が「公正な取引」をうたっているのもそのためなのです。

取引所取引では、投資家から預かった証拠金を取引所に全額預託することが、法律によって義務づけられています。そのため、万が一取引相手のFX業者が倒産しても、預けていた証拠金は、取引所により全額保護されるのです。

税制面での大きなメリット

税制面では、「取引所取引」が優遇されています。非取引所取引では総合課税となり、収益額によっては最大で50%もの税率がかかるのに対し、取引所取引では申告分離課税となり、外国為替証拠金取引の利益に対する税率は一律20%です。

また、株式先物・商品先物商品などとの損益通算や、損失が発生した場合は、翌年度以降への繰越を行うことができるなど税制面で有利だといえるでしょう。