FX初心者くん > FX初心者へすすめる理由 >買いでも売りからでも取引できる

買いでも売りからでも取引できる

FXをすすめる理由の一つとして買いでも売りからでも取引できるということが挙げられます。つまり、円安局面でも円高局面でも利益を得られるチャンスがあるということになります。

例えば、ドル円レートで取引する場合を仮定してみましょう。ドルが値上がりする(円安)局面だと判断した場合は、外貨を「買い」、実際に値上がりしたところで外貨を売って利益確定をします。逆にドルが値下がりする(円高)と判断した場合には、ドルを「売り」、実際に値下がりしたところで外貨を買い戻すことで利益確定をするのです。

外国為替相場は、常に上下動し、為替レートは常に上がったり下がったりの波を繰り返しています。収益チャンスは常時いつでもあるということが、FX取引における大きなメリットの一つなのです。

なぜ手元にない外貨を売れるの?

FXでは、外貨を持っていない状態でも、「外貨を売る」状態から取引を始めることができます。初めから「1万ドルを売っている状態」をつくれるのです。

これは、FXが一定の証拠金を預けることで売買の取引ができる証拠金取引だからできることなのです。証拠金を担保にすることで、「買ったら売る」「売ったら買う」という反対売買を行うことができるようになり、最終的には「買い」と「売り」を解消するしくみです。また、反対売買で発生した差額を清算して取引終了することを「差金決済」といいます。単純に、買った時と売った時(あるいはその反対)の差額分を決済することで取引が終了できるので、手元の外貨を持ち合わせていなくても取引が可能なのです。

売りからでも買いからでも取引できる。
円高でも円安でも収益を上げることが可能。
安いところで買うだけでなく、高いところで売ることも出来る仕組み。
買ったら売り、売ったら買う。FXは反対売買により決済する「差金決済」。