手数料が安い

FXをすすめる理由の一つとして手数料が安いということが挙げられます。外貨で資産を運用する場合、コストをいかに抑えるかが重要になりますが、あまりコストがかからないFXは外貨投資に非常に適していると考えられています。

FX取引は、外貨預金などに比べて手数料が圧倒的に安いのが特長です。外貨預金では、購入・売却の際にかかる手数料は、往復で1ドルにつき2円以上の手数料がかかる場合もあります。金利差を考慮しない場合、2円以上為替レートが動かなければ、損をするということになります。

それに比べて、FXの手数料は約10分の1以下の水準です。取引単位が一万ドルの場合、今のFX会社ではドル円でスプレッドが1銭というのも珍しくはありません。つまり、一回の取引あたりトータルで数銭程度の手数料で済む場合もあるのです。

なぜ手数料が安いのか?

個人投資家にとってFXの人気が高まり、FX各社が顧客を増やそうとすることで、業界での手数料値下げ競争に拍車がかかっていることが要因のひとつです。1998年より個人投資家へのFXサービスが開始以来10年足らずで、多くのFX会社で手数料無料のサービス提供が当たり前となりました。FXは現在数多くの業者が取扱っており、その数は200社以上ともいわれています。

少額の資金からでも投資が可能で、投資方法に幅が広がることに加えて、手数料が極めて安いことがFX人気に火をつけていると言っても過言ではないでしょう。

FXは取引コストが圧倒的に安い。
FXは外貨預金に比べて圧倒的にコストが低い。
一回あたりの往復の取引で、ほぼ数銭単位のコストしかかからない。
FX業界の熾烈な競争により、取引コストを低減する業者が増加。