休むも相場

FX取引をする際には、「休むも相場」が重要になってきます。

勝つ投資家というのは、トレードしにくい相場では取引を控え、トレードしやすい相場で積極的に取引をします。ここぞというチャンスが来たときに、積極的に売買するわけです。それとは反対に、常にポジションを保有していなくては気がすまない投資家は、頻繁にトレードしたにもかかわらず、結局少しだけしか儲からなかったとか、少しだけマイナスだったりして、成績が芳しくない状態に陥りがちです。そのような事態を避けるためにも、欲望に任せて根拠の無い取引を行ってしまいそうな時や、失敗の仕方が悪いときには、きっぱりと取引を行わないことが必要です。

悪い失敗例として次のようなケースが挙げられます。素早い損切りができないまま、結局相場は戻らず大きく含み損を抱え、「それ以上損失は出すことはできない」と、思い切って損切りしたと思ったら、その後相場が元の水準に戻り出すというケース。

また、相場の流れと逆のポジションを何度も持ってしまったために、損切りを繰り返しすようなことも時にはあります。いわゆる、大きな損はしないものの負け続けているために「損切り貧乏」になってしまうケース。

いずれも、自分のミスに鈍感なために生じる取引の失敗例です。損切りすべきときにしなかったことや、資金量に比べて大きなポジションを建てたり、材料が無いにもかかわらず売買をしてしまうことが自身の冷静さを失う原因になります。どんな相場にも「買い時、売り時、休み時」があります。無理をして取引をするのではなく、相場の状況を見極めるために、時には休むことも大切なのです。

取引を休むことでチャンスを見極める。
ここぞというチャンスが来たときに、積極的に売買するばよい。
負け方が悪いときは、きっぱりと取引をやめよう。
損失を取り返そうと無理な取引をするよりは休むことのほうが賢明。