常に冷静であれ

FX取引をする際には、常に冷静であることが重要になってきます。

メンタル面で常に冷静であることは欠かせません。人の言葉に惑わされたり、値動きに一喜一憂するようでは本物の「相場師」とはいえず、FXで勝つことができません。取引に真剣に取り組みつつも、一歩離れて自分の状況を客観視できるくらいの気持ちでFXに取組むのが必勝法だと言えます。

冷静でいるためにも コツがいるのです。他の項目でも重ねて述べているかもしれませんが、取引する際の約束事やルールを自分に課すことが大切になってきます。

例えば、ロスカットの徹底で損失を限定するというルールです。含み損を抱えている状態で相場と相対していると、自分の都合のいいような思考に陥りがちになります。デイトレード用のポシションに含み損が出たにもかかわらず、いずれもとの値段に戻るだろう考え何日も持ち越してしまったり、損切りポイントを設定せず含み損を抱え「損切りした後にすぐに元の値段に戻ってしまったらどうしよう」という恐れが生じ、結局塩漬けにしてしまったりと、判断を下すことに迷いが生じてしまいがちです。損切りをするということは勇気が要りますが、一度ポジションを解消することで、冷静さを取り戻すことも必要なのです。

また、少ない取引証拠金に対して、大きなレバレッジをかけた取引をすることも、おすすめできません。ポジションをパンパンの状態にすると、余裕がまったくもてなくなり的確な判断ができないことがほとんどです。冷静な判断を下すためにも余裕資金で投資することが大切です。

いつでも冷静な状況判断ができるような「自分専用の約束事」をあらかじめつくっておき、それを底的に守っていくということが必要です。

「冷静になる」取引のポイント。
取引する前に約束事やルールを自分に課し、それを徹底的に守る。
余裕資金で投資することが重要。
不利なポジションを塩漬けするくらいなら勇気を持って一度解消する。